Dress up Men

PERSON

“魅せること”を仕事にした男たちの
スーツの着こなしからプライベートスタイルまで

PERSON #32

Paul Stuart 青山店
永瀬 太一 ナガセタイチ
2017.03.21
年齢/38歳  身長/171cm   血液型/A型
  • スーツ
    paul stuart
  • シャツ
    paul stuart
  • ネクタイ
    paul stuart
  • チーフ
    paul stuart
  • ネクタイピン
    paul stuart
  • 時計
    Bell & Ross
  • ベルト
    paul stuart
  • ソックス
    paul stuart
  • シューズ
    paul stuart
SNAP
SHOP STYLE
セレクトショップの先駆け
歴史の趣を残しながらも洗練された
ラグジュアリーな空間で優雅な時間を
世界中の良いモノを選び抜いたセレクトショップの先駆けとして、本国アメリカにおいても独特な立ち位置を築いてきたポール・スチュアート。その世界観を体現する旗艦店である青山店は、明治神宮の参拝道路に土留めとして築かれ、有形文化財にも指定されている荘厳な石垣をそのまま外壁に用いた、圧倒的な存在感がひと際目を引く。サロンのようなフィッティングエリアはやわらかな自然光が差し込み、色味の確認も容易におこなえる。上質に裏打ちされたスーツはもちろんシャツ、ネクタイに加え、常時約100色もある靴下とそのアイテム数の多さは旗艦店ならでは。1981年のオープン当初から通う顧客もおり、流行に流されない独自のスタイルを求める方に多く支持されている。
ENJOY SUIT
スーツは自分の価値を高め
男を最も魅力的に見せてくれる
スーツを完成されたアイテムとしてこう表する永瀬さん。「若く見られることもありますが、顔が濃いので印象がしつこくならないようにVゾーンの作り方は注意しています」と話す。色をたくさん使い過ぎないように気をつけながら、この日もレジメンタルタイを基準にブルーの色味で統一。無地ではないペイズリー柄のチーフに遊び心を感じた。自身でも毎日のスーツケアは怠らないが、ウォータークリーニングはスーツへの負担が少なくすむのでお客様にもすすめているそう。そんな永瀬さん一押しアイテムはネイビーの英国調グレンチェック柄スーツ。程よい光沢を帯びたなめらかな生地にクラシックな柄が際立つ一品だ。MADE TO MEASUREキャンペーンも開催中なのでこの機会にぜひ手に取って体感してみてほしい。
PRIVATE STYLE
その年の色を決めてコーディネート
毎年、年明けになると「その年の色を自分で決めて、その色をベースにON・OFFのコーディネートを考える」という永瀬さん。今年の色はブルー。そのこだわりは靴下やハンカチにも表れる。「ファッションの中でも少しだけ見えるところですが、色柄も含めてブランド問わず、気に入ったものがあればストックしています」と、その数は100種にもおよぶほど。休日になれば自身でアイロンがけもおこない、次の休日までのコーディネートを準備。まだ幼いお子さんと行くお気に入りのZOOカフェは「キッズスペースがあり、娘は遊べて自分はハートランド(ビール)が飲める」と家族と自身の時間も大切にしている。

RANKING

CULTURE

SHOP
Paul Stuart 青山店
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-20 神宮前太田ビル
INFORMATION
電話番号:03-3406-8121
営業時間:11:00〜20:00(不定休)

■フラッグシップ限定MADE TO MEASUREキャンペーンが4月2日まで開催中

■東日本復興を願い植樹活動を通して応援する桜プロジェクト同時開催中
LINKS
MAP

SPONSORS

協賛企業