Dress up Men

PERSON

“魅せること”を仕事にした男たちの
スーツの着こなしからプライベートスタイルまで

PERSON #36

Le Dôme ÉDIFICE ルミネ横浜
石井 裕稔 イシイヒロトシ
2017.04.07
年齢/37歳  身長/176cm   血液型/O型
  • スーツ
    Sartoria Partenopea
  • シャツ
    Finamore(Su Mizura)
  • ネクタイ
    ARNYS
  • チーフ
    ÉDIFICE
  • ベルト
    Felisi
  • 時計
    CARTIER(Tank Louis Cartier)
  • リング
    市松
  • ブレスレット
    市松
  • ソックス
    BRESCIANI
  • シューズ
    EDWARD GREEN
SNAP
SHOP STYLE
ギャラリーのような
回廊を抜けた先にある開放的な空間
エントランスを回廊に見立て、中に入るとアーティスティックな絵が飾ってあったり、開放的な空間が印象的なLe Dôme ÉDIFICE ルミネ横浜。場所柄10代〜60代の新成人をはじめ、事務、営業、クリエイティブ職の方まで幅広い職業、年代の方が訪れる同店。おすすめは、オリジナルの日本製スーツとジャケット。洋服を仕立てる上で正しく扱うことが、長く型崩れをしないスーツの必須条件とされる地の目を通した仕立てのスーツは、芯地から企画するなど、日本人の体型、日本の気候などに合わせた作り込みがなされている。ライフスタイルを提案するブランドとして、ブランドカラーであるネイビーを基調とし、確かな品質に裏打ちされた上品なエディフィス流フレンチスタイルが提案されている。
ENJOY SUIT
普段着のように気負わず
自然に着られる洋服
ONでは極力、素材が持つ風合いを感じられるように化繊ではなくウール、麻100%など天然素材のものを好んで来ている石井さん。その着こなしはクラシックなスーツにカジュアル要素のあるアイテムなど、”いつもどこかにハズシを”取り入れた独自のスタイル。この日もタブカラーシャツに、シャツの色合いと同配色のレジメンタルタイ、メダリオンシューズを合わせていた。おすすめは、エディフィスオリジナルのスーツにインディゴ染めのシャンブレーシャツ、ネイビーのニットタイ、足元は黒ローファーと、硬くなりすぎないようにテイストでゆとりを感じさせたスタイリング。茶スーツに白シャツ、アイボリーのネクタイの合わせも、スーツを茶にするだけでシャレ感がグンと上がるのでおすすめとのこと。オーダーでたくさんの体型を見てきた石井さんだからこそ「無理のないサイジングが結果的に格好よく着こなせます」と話すように、説得力のあるスタイル提案ができる。
PRIVATE STYLE
こだわりのアイテムとの出会いが紡ぐ夢
ふだんは生後6ヶ月の娘さんの子守りに忙しい石井さん。ふとしたことがきっかけではじめたサーフィンは2年ほどになり、仲間と一緒に早朝の波を楽しんでいる。おすすめの場所は、本厚木にあるカフェ鈴木。コーヒーが美味しいのはもとより、雰囲気もよく、他にはないお洒落な空間が気に入っている。こだわりの品は、この日も身につけていたカルティエの時計(タンク ルイ カルティエ)。プラチナケースでムーブメントがジャガールクルト、同じものはなかなか見つからないレアアイテムだそう。もうひとつ、エドワード・グリーンのシャノンは、ロンドンで一目惚れした一品。未払いのオーダー品で、黒と茶2色あった内の黒を購入。なんと、茶は後日、別の日本人が購入したそうで、その方がエディフィスの他店舗に来店したことで判明。いつか互いの靴を履いて出会うのを楽しみにしている。なんとも夢があるエピソードだ。

RANKING

CULTURE

SHOP
Le Dôme ÉDIFICE ルミネ横浜
〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島 2-16-1 ルミネ横浜 3F
INFORMATION
電話番号:045-450-6838
営業時間:10:00〜21:00
※掲載の営業時間はシーズンにより異なります。詳しくはこちら【ルミネ横浜】でご確認ください。
定休日:不定休
LINKS
MAP

PICK UP

PR

SPONSORS

協賛企業