Dress up Men

PERSON

“魅せること”を仕事にした男たちの
スーツの着こなしからプライベートスタイルまで

PERSON #37

UNITED ARROWS 銀座店
川下 圭由 カワシモケイユウ
2017.04.27
年齢/44歳  身長/173cm   血液型/A型
  • スーツ
    SOVEREIGN
  • シャツ
    SOVEREIGN
  • ネクタイ
    NICKY
  • チーフ
    UNITED ARROWS
  • 時計
    RAIDILLON
  • ベルト
    SOVEREIGN
  • ソックス
    SOVEREIGN
  • シューズ
    JOHN LOBB
SNAP
SHOP STYLE
WHC世界初のショップインショップ
個性あふれるベテランスタッフが充実したショップ
平日でも賑わいを魅せる銀座・有楽町界隈。マロニエゲート1の1F、B1Fにあるユナイテッドアローズ 銀座店の1Fにはバッグなどの小物が充実。世界初となるホワイトハウスコックスのショップインショップが構えており、その整然と並んだアイテムの数々に目を奪われることだろう。地下1階に降りると、メンズ、ウィメンズで構成された奥行きある空間が広がっている。おすすめは機能素材(COOL MAX)を使用したCitilityのセットアップ。上品にカジュアルから、ビジネスまで様々なシーンで活躍する一着である。裏に配したメッシュに複数のマルチポケットを備え、語源でもある都会的、機能的に暑い夏を快適に過ごせる軽快さが魅力のアイテムだ。また、ホームページ内にある銀座店ブログは、社内外問わず情報が得られると好評を得ている。気になった方はチェックしてみてはいかがだろうか。
ENJOY SUIT
大人の品格
どう選んで どう着るか
自己表現のひとつ
ふだんからヘアスタイルや爪先まで細部に気を配ったスタイリングを軸にネイビーやグレー、ベージュのスーツを着こなす川下さん。この日は、自身おすすめのソブリン グレンプレイド ダブルブレステッドのネイビースーツを着用。シャリ感がありシワになりくいフレスコ素材。さわやかなブルーシャツにペイズリーネクタイで初夏をイメージし、ダブルのもつ重厚感も、軽く涼し気な清涼感で軽快な印象を与えている。バリエーションとして、同じスーツで今季のキーカラーでもある深いグリーンのストライプシャツに、茶の小紋柄ネクタイ(柄の中にグリーンがあしらわれている)をチョイス。足元には濃茶のレースアップかタッセルローファーを合わせ、全体を自然な色合いでまとめて。どちらも色数を2〜3色で抑え、柄同士がぶつからないような細やかな配慮が特徴。清潔感と自分らしさをポイントとする川下さんらしいコーディネートの妙だ。
PRIVATE STYLE
インスピレーションを大切に
リラックスできるモノを
2人のお子さんと野球観戦に出かけるなどアクティブに過ごす川下さん。自身ではこれまでにも野球、水泳、サッカーとメジャーなスポーツを経験してきた。最近では、穿けなくなったパンツがきっかけではじめたマラソンにハマっているそうだ。こだわりの品は、色違いで3色所有しているクロケット&ジョーンズのリッチモンド。自身の定番でもありジャケットスタイルの足元には欠かせない一品なのだとか。リラックススタイルを基本とし、サイズバランスや色合わせをポイントにした選び方は、シルエットや色、素材を見たときのインスピレーションから。どれも実際に着てみて体感することが、自分に合う1着を見つける一番の近道と話す。

RANKING

CULTURE

SHOP
UNITED ARROWS 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート銀座1 B1・1F
INFORMATION
電話番号:03-3562-7798
FAX番号:03-3562-7793
営業時間:11:00~21:00

【POP-UP STORE】
※4/30(日)まで、イタリア ナポリのトータルブランド<Errico Formicola(エリコ フォルミコラ)>のPOP-UP STOREをオープン中
・詳細はこちら
LINKS
MAP

SPONSORS

協賛企業