Dress up Men

PERSON

“魅せること”を仕事にした男たちの
スーツの着こなしからプライベートスタイルまで

PERSON #57

Bryceland’s co
Ethan Newton イーサン・ニュートン
2018.08.30
年齢/38歳  身長/181cm  
  • 帽子
    Wellema Hat for Bryceland's co
  • メガネ
    Tart Optipical Arnel 1950s
  • ジャケット
    SARTORIA DALCUORE
  • パンツ
    Ambrosi Napoli
  • 時計
    ROLEX Day Date 1960s
  • リング
    J Walter Thompson Sydney BESPOKE
  • シューズ
    Saint Crispin's
SNAP
SHOP STYLE
オールドスクールな西海岸とテーラーと
今も昔も変わらず若者の街である原宿。そんな原宿に一際オールドスクールな雰囲気を醸し出しているBryceland’s co。店内はハリウッドの黄金時代テーラー、30-50年代の西海岸をイメージして作られていて、その時代にタイムスリップしたみたいだ。老若男女の無類の洋服好きにはたまらないお店となっていて、英国生地を中心にラインナップされており、ゆったりとオーダーを楽しむこともできる。そして、深くて太いパンツ、ゆったりとしたジャケットは30-50年代の南イタリアン、西海岸スタイルを感じ、変わらないかっこよさを思い出させてくれる。洋服も機能性が高まる中、古き良きものを大切にするその心を是非感じてもらいたい。
ENJOY SUIT
変わらないかっこよさ
「アメリカン、イタリアンなどこだわりは特にはないです。クラシックで時代に左右されない私が好きなものを着ています。」と話すイーサンさん。「今流行っているものやブランドが見えてしまうものはあまり好きではないですね。私の内側から溢れ出るものを装いから感じ取ってもらえれば嬉しいです。」と話す。そんなイーサンさんのおすすめがライトグレーのポロシャツとエンジのローファー。パンツとシャツは色味を同じにすることでエンジのローファーがとても映える。さらに、シルバーベリーのハットを合わせ、ペイズリー柄のスカーフを巻くことで30-50年代の西海岸や南イタリアの雰囲気を感じさせ、ここには変わらないかっこよさがある。
PRIVATE STYLE
レコードとファッション
香港にもお店があるため日本と香港を行き来する日々を送るというイーサンさん。音楽が大好きでレコードショップによく行くとのこと。「東海岸はジャズのような感じで、西海岸はソウルやファンク、ハードコアのようなものがファッションと共通していてどちらも好きですね。」と話す。日本ではディスクユニオンやレコファンなどに行き、香港ではPRELUDEがおすすめとのこと。
SHOP
Bryceland's co
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目15 −4 1F
INFORMATION
TEL
+81 03 6721 0133​
営業日
火ー土12時00分~20時00分

日12時00分~18時00分
定休日
LINKS
MAP

SPONSORS

協賛企業