Dress up Men

PERSON

“魅せること”を仕事にした男たちの
スーツの着こなしからプライベートスタイルまで

PERSON #54

阪急メンズ東京 オーバーライド
露木 良太 つゆき りょうた
2018.06.12
年齢/30歳  身長/176cm  
  • スーツ
    BEDWIN
  • シャツ
    BEDWIN
  • リング
    CHAOS DESIGN
  • ブレスレット
    NORTH WORKS
  • シューズ
    CHIPPEWA
SNAP
SHOP STYLE
ビジネス街有楽町の大人な帽子屋
ビジネス街有楽町にてお店を構える阪急メンズ東京オーバーライド。日々時の流れが早い街にあるこの帽子屋はとても落ち着きがあり、内観はアンティーク調となっており、時の流れを忘れさせる。阪急メンズ東京オーバーライドではパナマハットを中心に様々なハットやキャップ等を置いていて、街の雰囲気と相反して、老若男女問わず賑わう。これからの季節はやはりパナマハットがオススメとのこと。ビジネススタイルにスパイスのようなアクセントを加える逸品が揃えられており、その中でも阪急メンズ限定のベーシック黒巻&アソート蛇巻のパナマハットには目が離せない。パナマハットにつけるアクセサリーにも多くのこだわりや商品への細かいこだわりも多くその一つ一つもチェックしたい。
ENJOY SUIT
一味違った季節感の提案
「ONとOFFの際はしっかりと変えていて、ジーパンスニーカースタイルなどでいますね。」と話す露木さん。この日はロングブリムのパナマハットにグレーのスリーピースのスーツ。「インナー遣いを気にしていますね。シーズナブルなインナーを意識するとよりジャケットスタイルが映えます。」と話す。この日も中のインナーにはデニム生地のシャツに襟の柄が目を引く。「この夏にはやはりリネンや麻、アロハシャツなどもインナーに取り込んで変化を出していきたいですね。パナマハットではつばの長さや被り方でまた違いを出していきます。」と話す。これからの季節でスーツや細やかなインナーの気遣いもしつつ、パナマハットで男らしくまとめる新しいコーディネートの可能性も見えてきそうだ。
PRIVATE STYLE
自分のスタイルで楽しむ、横浜巡り
ONとOFFはしっかりさせているとおっしゃる露木さん。休日では自己流の横浜巡りをして楽しむ。「赤レンガ倉庫周辺を散策したり、公園に行き、中学や高校の時の同級生とバドミントンなどをしたりして楽しんでいます。あと、たまに釣りに行くこともありますね。」と話す。服装はお仕事とは打って変わって、アメカジスタイルだと話す露木さん。「デニムなどを取り入れ、アメカジストリートっぽくコーディネートをすることが多いですね。」と話す。
SHOP
阪急メンズ東京 オーバーライド
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
INFORMATION
営業時間 月・火曜日12:00-20:00
水〜金曜日12:00-21:00
土曜日11:00-21:00
日曜・祝日11:00-20:00
LINKS
MAP

SPONSORS

協賛企業