Dress up Men

PERSON

“魅せること”を仕事にした男たちの
スーツの着こなしからプライベートスタイルまで

PERSON #05

J.PRESS 伊勢丹浦和店
渡辺 智幸 ワタナベトモユキ
2016.03.14
年齢/40歳  身長/177cm   血液型/O型
  • ジャケット
    J.PRESS
  • シャツ
    J.PRESS
  • ネクタイ
    J.PRESS
  • ポケットチーフ
    J.PRESS
  • ベルト
    J.PRESS
  • スラックス
    J.PRESS
  • ソックス
    J.PRESS
  • シューズ
    Church's
SNAP
SHOP STYLE
「着る人にとって快適な服」にこだわった
今日的なアメリカン・トラディショナル
「進化し続ける伝統」をコンセプトに、幅広い年代の男女から支持され続け、常に時代性を捉えつつも流行に左右されないファッションを提案しているJ.PRESS。アメリカの歴史を彩るエリートに愛されてきた、オーセンティックアメリカントラディショナルをベースとした飽きのこないデザインと質の良さ、ほど良いトレンド感と上品さをあわせ持ったブランドだ。ドレスからカジュアルまで、創業して100年余りたった現代も「着る人にとって快適な服」へのこだわりが受け継がれている。
ENJOY SUIT
目的に合わせ、季節を感じるコーディネートを
以前はその時代の気分次第で選んでいたが、目的に合わせ選ぶようになったという渡辺さん。スーツの生地に合わせ、ネクタイの色・素材感を楽しむことで、同じスーツでも季節感を演出している。時計など身につけたアイテムのちょっとした色を拾い、ネクタイをコーディネートするのも楽しいと話す。これからスーツを求める方に対しては、「まずはしっかりとしたサイズ感と全体的なバランスを大事に」と、色の組合せ方だけでなく、自身にとって最適な丈の長さを知るために相談してみるのもいいだろう。
PRIVATE STYLE
武骨さの中に味がある
古き良きモノを知り、大切に扱うこと
休日には、都会では見られない自然を感じられる場所に出掛け、自身でメンテナンスもこなすというBMXに熱を入れているアウトドア派の渡辺さん。学生時代からサイクリングやモーターサイクルを趣味とする根っからのバイク好きでもあり、普段は、武骨な印象のウェスコのブーツにツイードのカバーオールを合わす山男スタイル。清潔感がポイントだ。また、ヴィンテージの工業系スチール家具も好きで、「古さの中に味があり、古びた金属の質感がたまらない」とのこと。モノを大切にする人柄が伝わる。

RANKING

CULTURE

SHOP
J.PRESS 伊勢丹浦和店
埼玉県さいたま市浦和区高砂1-15-1 伊勢丹浦和店 5階
INFORMATION
電話番号 048-825-2474
営業時間 10:30-19:30
定休日 不定休
LINKS
MAP

SPONSORS

協賛企業