Dress up Men

PERSON

“魅せること”を仕事にした男たちの
スーツの着こなしからプライベートスタイルまで

PERSON #15

かめ吉
箕浦 誠 ミノウラマコト
2016.08.24
年齢/44歳  身長/169cm   血液型/O型
  • スーツ
    羊屋(オーダーメイド)
  • シャツ
    CHARVET
  • ネクタイ
    CHARVET
  • ネクタイピン
    Tiffany & Co.
  • チーフ
    Nicky
  • ベルト
    NO BRAND
  • 時計
    Philippe Dufour
  • シューズ
    HIRO YANAGIMACHI
SNAP
SHOP STYLE
親しみと信頼を得る接客 まじめなとけいや“かめ吉”
サブカルチャーの街、中野。その中でも聖地として有名な中野ブロードウェイ。ここに「かめ吉」はある。1998年創業、3坪の時計屋からスタートして以来、“価格と信頼をまじめに…”取り組んできた同店。その間口の広さから高級時計店とは思えないほど、肩肘張らない店構えと親しみやすい接客で顧客の信頼を得てきた。時計屋には珍しい「和」を基調とした落ち着いた店内に加え、7月には隣に別館をオープンしたことで常時3,000本以上を取り揃え、ゆったりと時計選びが楽しめる。
ENJOY SUIT
本当に良いモノを長く 手に入れて初めて味わえる価値
身の回りのモノはほぼ10年選手というほど、ひとつのモノを長く大切にする箕浦さん。中には20年以上使用しているモノもあり、そのどれもが一流と呼べる最高級の一品だ。「高いモノは買う時に勇気もいるが、自然と選び方がそうなっていた」「無理してでも何かひとつ一流のモノを買ってみると、その良さが分かる」と言うように、“手に入れてみないと絶対に味わえないモノ”は自身に馴染み、愛着を生む。すぐには分からずとも使っていくうちに本当の良さを知り得ることができるモノが一流品なのではないか。
PRIVATE STYLE
自分が持つモノの歴史や背景を語れるように
自他共に認める仕事人間の箕浦さん。ふだん仕事でスーツを着用しているからこそ「休みの日には襟付きは着ない」という。休みの前夜に楽しむドライブの相棒は、こちらもこだわりの95年(最後の空冷モデル)のポルシェ。カーステレオなどは使わずに音を楽しんでいる。「自分が年を取った時に“~年モノ”だと言える、その歴史が格好いいじゃないですか」と話すように、一流のモノを長く使い続けることで、その背景に深みと本当の意味での愛着が生まれてくる。

RANKING

CULTURE

SHOP
かめ吉
中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ 3F
INFORMATION
電話番号 03-5318-7399
FAX番号 03-5318-7400
営業時間 11:00-20:30
電話時間 11:00-22:00
LINKS
MAP

PICK UP

PR

SPONSORS

協賛企業